薬剤師求人 > ドラッグストアへの転職を考える

薬剤師求人-ドラッグストアへの転職を考える

薬剤師の求人の中で、近年調剤薬局に迫るほど増加してきているのが、ドラッグストア勤務の薬剤師求人です。

給与の面だけでみると、一般的にドラッグストアの方が調剤薬局よりも高いので、人気も上昇傾向ですが、業務内容等には結構違いが多いので、そのあたりをしっかり認識した上で転職先を選ぶ必要があります。

大きな違いの1つは、調剤業務の有無です。調剤薬局においては、処方箋に基づく医薬品の調剤、及び患者さんへの服薬指導が必須ですが、ドラッグストアの場合、調剤施設が併設されていない限りは、調剤業務を行うことはありません。

逆にドラッグストアにおいては、市販の医薬品だけでなく、化粧品やサプリメント、日用生活品等も取り扱うため、薬剤師として必須の調剤知識に加えて、このような商品に関する知識も身に付けておかなければなりません。

その他にも、ドラッグストアにおいては、商品の管理や店舗の運営といった、本来薬剤師が行う業務以外の雑務についても薬剤師が担当することは常識で、商品の陳列やレジ打ちも行います。

病院や調剤薬局では、このような雑務は専門の事務の方が行う事が普通なので、薬剤師の中には、これを嫌がる方もいらっしゃいます。一方で、調剤室に篭りきりの仕事よりは、メリハリが利いたドラッグストアの仕事が向いている、という方もいます。

つまり、ドラッグストアの薬剤師は「向き不向き」が別れる業種ということなのです。

もう1つ、ドラッグストアという業種自体が、24時間営業のところが多いため、ドラッグストア勤務の薬剤師についても、シフト勤務制で土日もなかなか休みがない、というイメージがあるようですが、全てがこのパターンという訳ではありません。

薬剤師については、土日は休みで平日は18時まで、という調剤併設のドラッグストアも存在していますので、先入観にとらわれずに、勤務形態を確認することが大切です。

薬剤師専門の転職サイトでは、専門のコンサルタントがこういった情報もきちんと提供してくれます。ドラッグストアへの転職を考えている方は、一度利用してみては如何でしょうか。