薬剤師求人−ドラッグストアへの転職を考える

薬剤師の求人の中で、近年調剤薬局に迫るほど増加してきているのが、ドラッグストア勤務の薬剤師求人です。

給与の面だけでみると、一般的にドラッグストアの方が調剤薬局よりも高いので、人気も上昇傾向ですが、業務内容等には結構違いが多いので、そのあたりをしっかり認識した上で転職先を選ぶ必要があります。
薬剤師バイトはスキルアップができない?

大きな違いの1つは、調剤業務の有無です。調剤薬局においては、処方箋に基づく医薬品の調剤、及び患者さんへの服薬指導が必須ですが、ドラッグストアの場合、調剤施設が併設されていない限りは、調剤業務を行うことはありません。

逆にドラッグストアにおいては、市販の医薬品だけでなく、化粧品やサプリメント、日用生活品等も取り扱うため、薬剤師として必須の調剤知識に加えて、このような商品に関する知識も身に付けておかなければなりません。

その他にも、ドラッグストアにおいては、商品の管理や店舗の運営といった、本来薬剤師が行う業務以外の雑務についても薬剤師が担当することは常識で、商品の陳列やレジ打ちも行います。

病院や調剤薬局では、このような雑務は専門の事務の方が行う事が普通なので、薬剤師の中には、これを嫌がる方もいらっしゃいます。一方で、調剤室に篭りきりの仕事よりは、メリハリが利いたドラッグストアの仕事が向いている、という方もいます。

つまり、ドラッグストアの薬剤師は「向き不向き」が別れる業種ということなのです。

もう1つ、ドラッグストアという業種自体が、24時間営業のところが多いため、ドラッグストア勤務の薬剤師についても、シフト勤務制で土日もなかなか休みがない、というイメージがあるようですが、全てがこのパターンという訳ではありません。

薬剤師については、土日は休みで平日は18時まで、という調剤併設のドラッグストアも存在していますので、先入観にとらわれずに、勤務形態を確認することが大切です。

薬剤師専門の転職サイトでは、専門のコンサルタントがこういった情報もきちんと提供してくれます。ドラッグストアへの転職を考えている方は、一度利用してみては如何でしょうか。

薬剤師が人材紹介会社を使う時に注意したいポイント

薬剤師が仕事を探すときに就職であっても転職であっても、
最近は人材紹介会社を利用するシーンが多くなっています。
ここでは、薬剤師が人材紹介会社を使う時に注意したいポイントを
説明しておきましょう。

人材紹介会社に登録をすると専任の担当コンサルタントが決まり、
あなたのケアをしてくれることになります。

コンサルタントは就職や転職についての知識や経験が豊富ですから、面談をして
あなたが予想もしていなかった可能性を説明して紹介してくれるでしょう。
あなたは列記された多くの可能性に振りまわされてしまうことになるわけです。

選択肢が多くなると、<何をしたかったのか?>という目標がぶれてしまい
怪しくなってきます。

そんな状況になってしまうと最終的にコンサルタントに薦められた選択をして
しまって、就職したあとになり「こんなはずではなかった」と後悔することに
なります。

こうならないように薬剤師が人材紹介会社を使う時には<希望条件を明確に
して自覚する事>が大切です。
薬剤師として仕事をしている自分の理想像を具体的に思い描いてみましょう。

それが実現できる具体的な条件をピックアップしましょう
――これが自覚しなければならない希望条件になります。

しかしながら、その希望条件を100パーセントかなえてくれる勤務先がそう
そう簡単に見つかることはないです。あまりにも希望条件に固執してしまうと
硬直化してしまって身動きがとれなくなってしまいます。

大切なポイントは、この希望条件からどの程度ならば妥協出来るかを
明確にすることでしょう。

「思い描いた理想が、なぜあなたに理想だったのか」を書き出してみて
ください。それが理想条件をずらす場合の指針、つまり妥協する場合の
方針・基準となります。

<理想の状態><理想の状態が成立する希望条件><希望条件をずらす
場合の方針>をコンサルタントに伝えましょう。

以上、薬剤師が人材紹介会社を使う時に注意したいポイントをご紹介しました。
こういったことを踏まえて、コンサルタントとの面談をすれば納得できる
案件を紹介してくれるでしょう。

大学病院の薬剤師 交代制勤務は辛い?

薬剤師の方がスキルアップを考える場合、転職先として希望するのはやはり、
規模の大きな病院や大学病院となります。

しかし、規模の大きな病院や大学病院の多くは、夜間救急医療に対応しており、
こういった病院では薬剤師に対して、当然当直・夜勤を課してくることと
なります。

それに加え、最近では中小規模の病院でも薬剤師の当直・夜勤勤務が増えて
きていると言われ、病院勤務の薬剤師の勤務環境はシビアになりつつあると
いうのが実状です。

キャリアアップや最新医療に触れる機会を得るために、日勤の調剤薬局から
転職を希望する場合には、この夜勤や残業といった勤務環境の変化に対する
覚悟が必要となると言えるでしょう。

では、病院における薬剤師の労働時間について簡単にご紹介してみましょう。
一般的に、どのような病院でも、薬剤師の勤務時間は一定ではなくローテーション化
されています。

業務の役割分担などについては担当部署によって異なってきますが、
勤務形態に下院しては「2交代制勤務」「3交代制勤務」のどちらかが採用され
ているケースがほとんどです。

また、2交代制と3交代制を併用して組み合わせたり、夜勤の際にかかる心身へ
の負担を和らげるために、4時間勤務を導入するといった配慮を行う病院も
増えてきています。

こういった工夫や配慮は、病院や医療機関独自のものとなりますので、
夜勤や当直に関して不安を持つ方は、事前に転職を希望する先の勤務時間や
形態を徹底的に調べ上げ、自分に無理がかからないかしっかりと確認して
おくことが必要です。

実際、日勤から交代制勤務の職場へ転職した薬剤師の方は多数いらっしゃい
ますが、そういった方の代表意見は「最初は心身共に負担が大きかったが、
慣れてくると問題がなくなり、日勤と同様の対応が可能です」といったもの
ですので、過度に不安を感じる必要はないと言えそうです。

夜勤・当直が割り当てられる勤務の場合は手当がつきますので、
日勤に比べると収入面でも有利に働くことがほとんどです。
収入増を支えに交代制勤務を乗り越えているという方も多くいらっしゃい
ますので、こういった声を参考にされると良いでしょう。

ページの先頭へ